Column

七草の日

2020年も、あっという間に1週間となり、今日は七草の日ですね。

小さい頃は、七草の日というと看護師だった母が、7日に七草がゆを食べると「風邪や病気にならないから」と、必ず七草がゆを作ってくれたのを思い出します。

七草がゆには、おせち料理やお雑煮・お酒等でお疲れ気味の胃腸やお肌を整えてくれる為の栄養源(ビタミン・ミネラル)を補給してくれる効果があります。

 

春の七草の持つ意味と効果

芹(せり)= 「競り勝つ」
解熱効果
整腸効果
利尿作用
血圧降下作用
胃を丈夫する作用等々な効果あり。

薺 (なずな)= 「撫でて汚れを除く」 *別名(ぺんぺん草)

利尿作用
解毒作用
止血作用
胃腸障害
むくみに効果あり

御形(ごぎょう)=「仏体」 *別名(母子草)

咳・痰に効果あり
喉の痛みの緩和

繁縷(はこべら)= 「反映がはびこる」 *別名(はこべ)

胃炎
歯槽膿漏に効果あり

仏の座(ほとけのざ)= 「仏の安座」 *子鬼田平子(こおにたびらこ)

胃を上丈夫にする
食用増進
歯痛に効果あり

菘(すずな)= 「神を呼ぶ鈴」 *別名 蕪(かぶ)

胃腸整える
消化促進
しもやけ・ソバカスにも効果あり

蘿蔔(すずしろ)= 「汚れのない精白」 *別名 大根

風邪予防
美肌効果に優れている
七草がゆの身体に良い効果で、お正月明けの胃腸をリセットして『無病息災』の1年をスタートしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

PAGE TOP